HOME > ドメインのリスクマネジメント >ドメイン取得事業者選択のポイント

ドメイン取得事業者選択のポイント

ドメインを取得するにあたって、ドメイン取得事業者選択のポイントを紹介します。

■ドメイン取得事業者を選択する

ドメイン取得事業者を選択する際のチェック項目は以下の3つです。

  1. 自分が欲しいサービスを提供しているか
  2. サポート体制は、自分に合っているか
  3. 支払い方法は合っているか

■ 自分が欲しいサービスを提供しているか

●ドメイン登録のサービスが主体

  • 商標保護等の目的でドメインを登録したい場合
  • 自分でネームサーバーを立てる場合
  • 既に存在しているWebサイトのURLを短くするために、ドメインを新規登録する場合
ポイント
ドメイン登録サービスが主体であることに加え、リダイレクト(転送)サービスを行っている事業者を選択するとよいでしょう。

●ホスティング・その他サービスが主体

  • メールやWebサイトで利用する場合
ポイント
ドメインの登録からWebサーバーやメールサーバーの運営まで一貫したサービスを行っていて便利ですが、事業者によって登録できるドメインの種類や条件が制限される場合があるので、事前に問い合わせすることも必要です。

■サポート体制は、自分に合っているか

●電話とメールでサポートを受け付ける事業者

ポイント
企業やビジネスと直接結びついているメールやWebサイトでドメインを利用する場合は、電話で連絡がとれることは重要なポイントです。

●メールでのみで受け付ける事業者

よくあるトラブル
  • 緊急にネームサーバーの設定が必要になったとき
  • 取得事業者の変更を至急行いたいとき
トラブル発生時の対応方法
  1. まず、メールで問い合わせを行う
    (「いつまでに回答をもらえるのか」連絡がほしい旨を一言添えるとよいでしょう)
  2. 回答がくるまでの間、対応内容を自分で確認・把握しておく
  3. 取得事業者の対応を待つ
ポイント
場合によっては、取得事業者の対応に落ち度がないとも限りません。取得事業者の対応に頼りきるのではなく、自分自身が主体となって積極的に話を進めることがポイントです。

■支払い方法は合っているか

●支払い方法

ポイント
手軽に支払いを行いたい場合は、カード決済でもよいですが、「カードの番号を出したくない」「請求書払いにしてほしい」などの要望がある場合は、その支払い方法が可能かどうか、確認する必要があります。 また、事業者によってはカード決済ができない場合や、1年分の請求をまとめてするところもあります。

■その他チェック事項として

●付加サービスの有無

ポイント

付加サービスの有無も確認しておくと役立ちます。

  • 登録しているドメインすべてをまとめて管理するドメイン管理サービス
  • 公開連絡窓口を業者名にしてくれるサービスなどがあります。

●自分で判断が難しい場合

ポイント
自分で判断し難い場合は、登録の目的(Webサイト・メール・商標管理)と利用形態(個人・法人・団体)を確認の上、複数の事業者に対して問い合わせしてみましょう。その際、費用も合わせて問い合わせてみるとよいでしょう。安いことを選択の第一条件にすることはお勧めできませんが、選択の一要因にはなるでしょう 。

Webドメインマーケティング事務局がおすすめするドメイン取得事業者については下記をご覧ください。

数字で見るドメイン

ドメイン名とブランディングに関するリサーチ結果を紹介します。

「企業のドメイン管理意識に関するアンケート調査」の結果について紹介します。

Copyright © 2003-2005 Webdomainmarketing Secretariat. All Rights Reserved.