HOME > ドメインのリスクマネジメント >ドメイン登録後の管理方法

ドメイン登録後の管理方法

ドメインを登録すれば終わりというわけではありません。登録したドメインを管理していく必要があります。ドメイン登録後の管理方法について紹介します。

■ドメインを管理する

「ある日突然、ドメインが使えなくなってしまった!」といったトラブルに巻き込まれないためには、以下の3つのことに注意を払う必要があります。

  1. ドメインごとの有効期限を把握する
  2. 情報を常に新しいものに更新しておく
  3. 登録事業者からの連絡メールを読み落とさない

ある日突然ドメインが使えなくなってしまった場合の理由として、ドメインの有効期限を知らせるメールを見落とし、必要な手続きをとらなかったこと(更新料の未払い)が第一に考えられます。

また、DRP(紛争処理)の案件となっていることに気が付かず、ドメインの登録者が他に移ってしまったという場合も考えられます。訴えられた人が意見を述べなければ、そのまま訴えた側に移転されてしまうケースがあります。 いずれも、ドメインをきちんと管理していれば、防げるものばかりです。

ドメインが使えなくなると「メールが受け取れない」「サイトが見られない」など、想像以上に影響が大きいことを認識しておきましょう。

数字で見るドメイン

ドメイン名とブランディングに関するリサーチ結果を紹介します。

「企業のドメイン管理意識に関するアンケート調査」の結果について紹介します。

Copyright © 2003-2005 Webdomainmarketing Secretariat. All Rights Reserved.