HOME >ドメインのリスクマネジメント

ドメインのリスクマネジメント

ドメイン運用は一歩間違うと、紛争問題などの大きなリスクを負いかねないという点にも注意しなければなりません。整備された運用ルールに基づいたドメイン取得を行っていく必要があるのではないでしょうか。
一歩間違うと大きなリスクを伴うドメイン運用のリスクマネジメントについて紹介します。

■ドメインの運用ルールとは

ドメインの運用について考えるべき点として重要なのは、他のWebマーケティングと同様、まずは顧客となるインターネットユーザーの視点に立ち、自社のサイトを活性化するためにはどうすればよいかを考えるという点です。昨今、話題となったWebユーザビリティもその名のとおり、ユーザーにとっての使い勝手や操作性を高めるためのものです。多くの企業がこの考え方を導入しているにもかかわらず、コンタクトポイントであるドメインに関しては、まだまだ体系化がなされていません。また、ドメイン運用は一歩間違うと、紛争問題などの大きなリスクを負いかねないという点にも注意しなければなりません。これらの点に注意を払い、整備された運用ルールに基づいたドメイン取得を行っていく必要があります。

■ドメイン取得にまつわるトラブル

企業において、「ドメイン」や「サーバー」といった一見ややこしい話は、サイトの運営管理を委託している代理店や制作会社に任せきり、といったケースはよくあると思われます。おそらく、大手企業になればなるほど、その傾向は強いのではないでしょうか。 ところが、こういった委託を受けている側のスタッフも、ドメイン登録についてはよく知らない人が多いものです。
任せきりの状態が、いざというときに

「突然ドメインが使えなくなった!」 「取得事業者と連絡がつかない!」

といった思わぬトラブルを生むことがあります。

トラブルが起こったときには、多かれ少なかれ取得者も責任を問われる対象になります。ドメイン登録者は、日頃から責任を持ってドメインを管理しなければなりません。トラブルを未然に防ぐためにも、最低限の知識を持っておくことが必要です

■ドメイン登録の目的

ドメイン登録の窓口となるドメイン取得事業者(指定事業者)は、数多く存在しており、提供するサービス内容もさまざまです。

事業者選択のまえに、あらかじめ「何のためにドメインを取得するのか」を明確にし、必要なサービスを提供できる事業者を選びましょう。

そのほか、ドメイン登録において、最低限知っておかなければならないポイントをまとめました。ドメイン取得時には、下記のポイントを必ずチェックすることが大切です。

■ドメインと商標登録

インターネット市場の拡大とサービスの多様化により、従来では考えられなかったほど、ブランド名・商標の適切な運用・管理が企業価値やブランド価値の向上に直結するという傾向が見受けられはじめています。 それに伴い、商標に絡むドメイン名については、商標権者側が保護されるよう法律も改正されてきました。

  • 不正使用差止
  • 損害賠償規定

商標登録をする際にドメイン名をきちんと意識することにより、適切なブランド名・商標の運用・管理が行えます。もし、商標登録したものをドメイン名としても使用するとしたら、下記のようなことに注意が必要です。

  • 他者に登録されていないか?
  • 不正に登録されていないか?

そして、いざ登録をする場合は、下記のことに注意することによってトラブルを防ぐことができます。

  • 登録・更新方法はドメイン名により異なる。
  • 言語の問題、登録・更新方法の違いを理解して指定事業者を選ぶ。

数字で見るドメイン

ドメイン名とブランディングに関するリサーチ結果を紹介します。

「企業のドメイン管理意識に関するアンケート調査」の結果について紹介します。

Copyright © 2003-2005 Webdomainmarketing Secretariat. All Rights Reserved.