Vol.31 日本語ドメインはアクセスしづらい!?

日本語ドメイン導入に懐疑的になる理由として、「環境が整備されていない」「打ち込みにくい」という点が挙げられます。

「打ち込みにくい」というのをもう少し詳しくお話しすると、日本語部分は日本語入力、「.com」、「.jp」といった部分はアルファベットを入力しないといけないと思われている点です。
しかし、日本語ドメインでも、「.jp」ドメインであれば、日本語のまま入力してもアクセスすることができるのをご存知でしょうか?

1.稲本潤一.jp  (日本語入力+アルファベット入力)
2.稲本潤一。jp (日本語入力のみ)

1、2、どちらの文字列でもアクセスすることは可能です。これにより、ユーザーの打ち込みにくさという問題は解決されるでしょう。なお「日本語.com」の場合は、残念ながら日本語入力のみではアクセスすることはできません。

<前へ 次へ>