Vol.23 実践ケース 「打ち込みやすい、使いやすい、携帯電話ならではのドメイン取得」

携帯サイトの場合には、ドメインの短さだけでなく、入力時のボタンのプッシュ回数を少なくするというのも隠れたポイントとなります。携帯電話の標準的な入力方法であれば、A,D,G,J,M,P,T,Wというアルファベットはボタンを1回押すだけで入力できます。
これらの文字列を多く使った短いドメインが、有利といえます。
ちなみに、.com、.co.jp、.net、.jpで打ち込む回数を比較してみると、

 .com → 8回
 .co.jp → 10回
 .net → 6回
 .jp → 3回

となり、「.jp」が携帯ユーザーにとっては、最も打ち込みやすいということになります。

・あじゃじゃ http://ajaja.jp

あじゃじゃは、まぐクリックの提供するモバイルマーケティングツールです。
あじゃじゃでは、ユーザーからのレスポンスをアップさせるために、前述した法則を活用したドメイン「ajaja.jp」を携帯からの投稿用アドレスとして使用しています。Webドメインマーケティングの抑えるべきポイントを早くから実践しているサービスです。

.jpの打ち込み回数が一番少ないといいましたが、この法則を活用しているサイトとして消費者金融業界のサイトが挙げられます。さすがにこういう観点への取り組みはこの業界は早いといえます。ユーザーの「緊急度」を考慮し、特に携帯でアクセスのしやすい環境を整えています。

【消費者金融業界のURL】
・アコムhttp://acom.jp/
・プロミス http://2634.jp/
・アイフル http://aiful.jp/
・武富士http://takefuji.jp/
・東京三菱キャッシュワン  http://186000.jp/

<前へ 次へ>