Vol.2 マルチサイト化の加速、企業のドメイン保有数の増加

企業が管理するドメイン数は増加の一途をたどっています。2003年インターネット白書のデータを見てみましょう。

【従業員規模別 自社ブランドのドメインネームの平均取得数(実数)】

従業員規模 平均値
50人〜99人 2.2
100人〜499人 3.4
500人〜999人 3.4
1,000人〜4,999人 3.4
5,000人〜9,999人 3.8
10,000人以上 39.5

※ 数値は平均取得数(実数)

(インターネット白書2003より)

従業員規模が10,000人を超える大企業では、自社ブランドのドメインを平均で39.5個も取得しています。この背景には、ネットユーザーの増加、常時接続環境の普及によってインターネット利用の頻度が増し、Webサイトの担う役割がますます重要になってきているという事実があると考えられます。

つまり、企業やブランドと消費者とのコミュニケーション接点として、Webサイトがますます重視されるようになってきているということです。
また、大企業になればなるほど保持するブランドや商品、サービスは多岐にわたります。それらを単独のドメインで管理することはできなくなってしまったということではないでしょうか。

<前へ 次へ>