HOME > キャンペーンとドメイン >携帯サイトのドメイン

携帯サイトのドメイン

携帯サイトとPC向けWebサイトではドメインの取り扱いに違いはあるのでしょうか。ユーザーが使いやすいドメインについて紹介します。

■ユーザーが使いやすいドメインとは

携帯電話でメール以外のネット機能を「利用している」ユーザーは75%(1※)と、携帯インターネットは既に日常的に利用されています。携帯インターネットへの期待が高まっている反面、アクセスした企業サイトで期待した情報が得られなかった場合、その企業に対するイメージが悪くなると答えたユーザーは全体の65%(※2)を占めました。今後、企業のWebサイト運営においては、携帯電話からアクセスするユーザーを視野に入れた携帯サイトの構築とドメインの設定が必要といえます。

※1(株)UFJ総合研究所、インターネットコム(株)、(株)インフォプラント調べ
※2インターネットコム(株)、 (株)インフォプラントの共同調査

携帯向けサイトを用意していない企業の事例

PC向けのWebサイトだけをアピールする目的で、広告などに携帯向けのURLを記載していないケースがよく見られます。このようなケースでは、携帯電話ユーザーがそのURLにアクセスしたときに、携帯電話にPC向けのコンテンツが送られてしまいます。
これは、ユーザーがWebコンテンツを適正に見ることができないだけでなく、サイズの大きなコンテンツが転送されることで無駄な通信料金の負担を強いることになり、企業にとってイメージダウンになってしまいます。

以上のことから、携帯電話からのアクセスへの対応として、下記のような配慮が必要といえます。

  1. 携帯電話からもPCからも同じドメイン名でアクセスできる。
  2. 携帯電話からのアクセスには、携帯向けのコンテンツを提供する。
  3. 携帯向けのコンテンツがない場合でも、PC向けサイトへの誘導を図る。

■携帯サイト・PC向けWebサイト同一ドメイン設定方法

Webサーバーの設定を変更することで、ユーザーが携帯・PCのいずれからアクセスしているかを判別することができます。携帯・PCそれぞれからのアクセスをWebサーバーで振り分ける仕組みにはさまざまなものがありますが、いずれもとても簡単です。以下は、PHPというHTML埋め込み型スクリプトを使った例です。ほかにも、cgiや、Webサーバーの設定ファイルで実行する方法があります。

【PHPを使用した例】

<?
$header = getallheaders();
$agent = $header["User-Agent"];
if( ereg("DoCoMo", $agent) ) {
    header("Location: http://example.jp/i/index.html");
    exit;
} elseif( ereg("Vodafone", $agent) ) {
    header("Location: http://example.jp/j/index.html");
    exit;
} elseif( ereg("UP\.Browser", $agent) ) {
    header("Location: http://example.jp/e/index.html");
    exit;
} else {
    header("Location: http://example.jp/home.html");
    exit;
}
?>

■携帯サイトに日本語ドメインを生かす

携帯向けサイトへのアクセスを便利にする方法として、日本語ドメインを利用するという方法があります。日本語ドメインを登録しておけば、ユーザーは日本語のサービス名を記憶するだけで、その企業の携帯向けサイトへアクセスできます。日本語ドメインの場合、携帯向けサイトへアクセスする方法として、日本語JPアクセスサイト「jajp.jp」というサービスが用意されています。このサイトでテキストボックスに日本語を打ち込むことで、簡単に携帯向けサイトへアクセスできます。

なお、日本語ドメインを利用する際も、携帯向けサイトとPC向けサイトを同じドメインでアクセスできるように設定すると、ユーザーにとって便利です。

日本語JPアクセスサイト  http://jajp.jp/

活用事例

ドメイン名とキャンペーンに関する活用事例を紹介します。

Webを使った販促活動(特に、独自ドメインによるキャンペーンサイト)の有効性について、月刊「宣伝会議」編集長 田中 里沙氏に伺いました。

国内外の成功事例やドメインにこだわった広告戦略の成功ポイントなどをCM制作会社「ダンスノットアクト」のCMディレクター岡田 知之氏に伺いました。

生茶キャンペーン」で日本語ドメインを選択した狙いと舞台裏をキリンビバレッジの営業企画担当者に伺いました。

数字で見るドメイン

ドメイン名とキャンペーンに関するリサーチ結果を紹介します。

「商品パッケージとドメイン名に関するアンケート調査」の結果について紹介します。

「テレビCMとインターネット利用に関する調査」の結果について紹介します。

「アクセスしやすいドメイン名に関する意識調査」の結果について紹介します。

Copyright © 2003-2005 Webdomainmarketing Secretariat. All Rights Reserved.